肝臓ガンとは

肝臓がんとは

肝臓がんのほとんどを占める肝細胞がんの原因の95%がB・C型肝炎によるものでそのうちの8割を占めるのがC型肝炎だ。

ウィルス感染慢性肝炎肝硬変肝臓がん
というケースを20~30年かけてたどることが多い。

よって、インターフェロンなどの抗ウィルス治療でか年の進行を遅らせることが肝臓がんの予防には大切だ。

また、肝臓がんが見つかっても、手術に至るのは3割程度。

たとえ手術でがんを完全に切除できても、5年以内に8割の人が残った肝臓にがんが再発する。




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする